×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アロマテラピー環境協会認定の試験

「アロマに関わる仕事をしたい。」と思って、海外にも通じる「IFA」や「ITEC」のアロマ検定を受験するのは、非常に難しいと言われ、学校に通ったり留学する人がいます。
受験する自信の無い人や、仕事が忙しくて学校に行くには時間がかかる人達は、日本アロマテラピー環境教会の試験をまず力試しに受けてみてはいかがですか。
アロマを扱う店や学校、そして個人の会員も多くいる日本アロマテラピー環境教会は、日本で有名なアロマを支援する団体です。
日本アロマテラピー環境教会の会員でなくても、アロマテラピー環境教会の検定の2級や1級を受験できます。90%もの合格率とのことですので、力試しで受験もいいかもしれませんね。
1級に合格すると、インストラクターやアドバイザー・テラピストなどの受験が可能になります。
年2回の受験ができ、ほとんどの県に試験会場があり、受験には便利です。
「IFA」や「ITEC」のように国際資格試験ではなく、認定試験が少し残念ですね。
受験してみたい方は、日本アロマテラピー環境教会のサイトで資料請求ができます。
日本アロマ環境協会1級・2級対応便利なアロマテラピー検定対策ドリル(穴埋め式)

アロマ1級検定とアドバイザー資格

アロマテラピー1級検定は、毎年多くの人が受験に挑んでいる日本アロマテラピー環境教会が試験を実施しています。
アロマテラピーの検定試験を受験する人の多くは、アロマに携える仕事をしたい人のようです。
受験するには、アロマと健康と関わることやアロマを使うために大事なことを学ぶ必要があります。
合格して、その認定を活用出来なくても身に付いた知識で、友達や家族や自分自身のリラクゼーションとして楽しむことができますね。
アロマテラピーの1級検定試験に合格し、日本アロマテラピー環境教会に入会するとアドバイザーの資格を取得する講習会の受講が可能になります。
検定試験は日本アロマテラピー環境教会に入会していなくても受験はできます。
アドバイザーの資格は、試験ではなく講習会を受講しなければ取得ができない資格で、皆さんにアロマテラピーを安心して、楽しく使って貰う為にアドバイスができます。
アロマセラピストやインストラクターなどの検定試験は、アドバイザーの資格がないと受験できないのです。
アロマテラピー検定テキストはこちら

アロマ検定の勉強法

過去の検定試験問題集がなくどのような問題が出題されるか不安ですよね。
実際検定試験の1級、2級とも合格率が90%もあり、自分だけで試験勉強でも大丈夫ですね。
合格するためには、テキストを読んで暗記したり、問題集を何回も解いたほうがいいでしょう。
アロマ検定に合格するには、100点満点で80点以上取得しなければなりません。
アロマ検定1級の試験では、1つの単元が4から5問出題される場合もあり、万遍無く学ばないと合格点を取れない可能性があります。
検定1級は2級の範囲も勉強しなければなりません。
テキストは2級と1級で分かれていますが、1冊で勉強できる問題集はたくさん出版されています。
香りテストでは、精油の匂いを覚えるのに結構苦労されている人が多いようです。
香りテストは、人によって香りの感じ方が異なる場合もあり、1度に沢山の香りを嗅ぐと気分が悪くなることがありますから注意が必要です。
試験用の精油キットは「生活の木」さんから販売されています。
アロマテラピー精油のお店はこちら

Copyright © 2008 アロマテラピー1級検定